言葉の力

/
私がとても大切にしている一冊の本がある。 2003年2月、スペースシャトルコロンビア号の事故の追悼ミサに訪米した際、ワシントンDCのリンカーンメモリアルの売店で偶然目にして入手した本だ。 題名は「GREAT AMERICAN SPEECHES」、64のアメリカの歴史上の名演説が掲載されている。 残念ながら私の英語力では正しく理解するには辞書も必要だが、言葉の持つ力を感じさせてくれる本である。 中でもリンカーン大統領のゲティスバーグでの演説、ケネディ大統領の就任演説、キング牧師のワシントンモールでの演説は、アメリカ史上不朽の名演説だ。 リンカーン大統領の「人民の人民による人民の為の政府」という一節は良く知られているが、この思想は日本国憲法前文にも織り込まれている。 ケネディ大統領の「国があなたに何をしてくれるかを問わないで、あなたが国のために何が出来るかを問え」との一節は、当時高校生であった我々団塊の世代の若者に大きな感動を与えた。(ちなみに私は、アンケートで「尊敬する政治家」を問われた際には「J.F.ケネディ」と書いている) 60年代の公民権運動の指導者キング牧師は、リンカーン像を背に全国から結集した25万人の同志に公民権獲得への熱い思いを訴えた。 「I…