がんばれ日本!

/
オリンピックの開幕とともに、世の中がスポーツ報道一色に染まっている。 開会式に先立ちサッカーの予選リーグがスタートしたが、共に順調なスタートを切っている。特に男子は昨年のヨーロッパチャンピョンで今大会の優勝候補でもあるスペインに勝利し、現地でも大きな話題となっている。 正式開会後も、ウェイトリフティングの三宅選手の銀メダルをはじめ、日本人選手の活躍から目が離せない。が、ロンドンとの時差は8時間、深夜のゲーム観戦で睡眠不足の2週間となりそうだ。 さて、3度目となるロンドンでのオリンピック開催だが、実は過去2回は波乱のなか=イレギュラーな開催だった。1908年の第4回大会は、ベスビオス火山の大噴火に襲われたローマの代役としての開催で、1948年の第14回大会は1944年に予定されていた大会が第二次大戦のため繰り延べされたものだ。 30回の記念大会となる今回の開催も、前2回ほどではないとしても、ユーロ経済危機に端を発する世界経済混乱の中、決して順風満帆の開催とは言えない。未だにギリシアのユーロ脱退説は消え去っておらず、スペインやイタリアの財政危機もささやかれている。 そのためと言うわけでもないだろうが、27日の開幕式には世界各国から100人規模の国家元首らがロンドンを訪れ、エリザベス女王による歓迎式典が開催されるなか、活発な首脳外交が繰り広げられた。 残念ながら我が野田総理は国会審議のため出席を断念したらしい。オリンピックの期間は紛争地域でも国連が一時停戦を呼びかける。「五輪停戦」の理念は、参加選手の航行の安全などを目的に古代から受け継がれているのだ。我が国でも、(どうせろくでもない足の引っ張り合いの政局論争しかしないのであれば)一時国会論戦を停止し、首脳外交のために総理を英国へ送り出す余裕があっても良いのではないだろうか。 今回の開会式のテーマは、「驚異の島(The…