六甲おろし

/
“春はセンバツから”春を告げる選抜高校野球大会を「球春」と呼んでいるが、正にピッタリの表現である。 高校野球の歴史は古く1915(大正4)年夏に全国中等学校優勝野球大会としてスタート、第二次世界大戦中の数年を除いて長い歴史を重ねてきた。1924(大正13)年からはセンバツとして春の大会もスタート、今年で85回となる。 文部科学大臣として私が甲子園のマウンドに立ったのは5年前、第80回大会であった。ただ、以前にもこのコラムで言及したが、私は考えるところがあって、自ら投球せずに高校球児の一人にボールを託し代わりに始球式をしてもらったのだが…。後日、私が球を投げると期待してTVを見ていた支持者の皆さんから大変お叱りを頂くこととなった。 ところで、甲子園は高校球児の聖地でもあるとともに、阪神タイガースファンにとってもかけがえのない聖地である。 しかし、プロ野球開幕の日程がセンバツと重なるため、タイガースの開幕戦はたとえホームゲームであっても他球場で行わなければならない。 今年は第4節の対巨人3連戦が、甲子園での開幕試合となった。  そこに至るまで阪神は3勝5敗と少々出遅れていた。一方の巨人は開幕7連勝と最高のスタートを切っていた。 伝統の一戦、しかも9日(火)の第一戦で巨人が勝てば球団新記録(開幕8連勝)がかかった大一番である。阪神VS巨人戦はファンが待ちに待った甲子園での開幕戦と重なり、球場はいやがうえにも盛りあがった。ジャイアンツの原監督も「新記録を目指して甲子園に乗り込む」と、気合充分であったのだが・・・。 結果は阪神の2勝1分け、しかもジャイアンツにとっては「31イニング連続無得点(球団タイ記録)」、「対阪神3連戦無得点(新記録)」と新記録ではあるが、期待とは正反対の結果で終わった。タイガース打戦も必ずしも好調とは言えないが、投手陣が良く頑張ったということなのだろう。虎キチの私としては、この結果にはまずまず満足はしている。 これから阪神のホームゲームは、聖地甲子園での試合が基本となる。その甲子園で勝利の美酒に酔いながらスタンドに響く「六甲おろし」は、ファンの明日への活力である。 負けても勝っても球場に足を運び続ける多くのファン(虎キチ)の期待に応えて、シーズン終了まで楽しませてほしいものだ。 オウ…