YOU ARE ALL HEROS

4年に一度のスポーツと平和の祭典“第31回夏季五輪リオデジャネイロ大会”は、21日(日本時間22日)に17日間の闘いの幕を閉じた。 開会前は、会場施設建設の遅れや選手村の設備の不具合、さらには警察官のストライキまで、懸念材料が山積していたが、始まってみれば大過なく全ての競技が進行した。 そして日本選手の大活躍とメダルラッシュが、日本中を盛り上げてくれた。 地球の裏側にあるブラジルと日本との時差は12時間。昼と夜が逆転するためライブ映像は深夜から早朝、昼前に及ぶ。おそらく日本列島は寝不足症候群に覆われていたことと思う。 私たち国会議員にとっては幸いなことに、今回のオリンピックはお盆を挟んだ国会の夏休み期間の開催。盆踊りや初盆廻りなど地元の比較的時間調整の可能なスケジュールのおかげで、思う存分日本選手の活躍に声援を送り、楽しむことができた。 女子48kg級の近藤亜美選手の銅メダルから始まったお家芸“柔道”の復活劇。柔道だけで金3、銀1、銅8の12個を獲得し、世界に柔道の母国“ニッポン”の力を示した。なかでも男子は7階級すべてでメダル獲得という偉業を成し遂げ、ロンドンの無念を晴らした。 体操男子の団体総合では、アテネ大会以来3大会ぶりに…