「挑む Tigers Change」

今年の冬将軍は立春を過ぎても弱まりを見せず、寒波が度々来襲。特に西日本の日本海側、特に山陰や中国地方の降雪が際立つ。11日には鳥取県や兵庫県の但馬で例年の10倍もの積雪を記録し、山陰線や高速道路が長期にわたり麻痺した。その後も日本列島は寒暖の変化が激しい日々が続き、体調管理が大変である。 そんな中、今年もTV各局のニュースのスポーツコーナーでは、プロ野球各球団のキャンプ便りが主役となってきた。毎年のことながら、各チームともペナントレース優勝を目指して始動している。 昨シーズンは“超変革元年”を掲げ、若手選手にチャンスを与え補強せずの方針で臨んだ金本タイガース。 ルーキー髙山をはじめ、実績にとらわれずに新しい戦力を積極的に投入し、若手の活躍を引き出した。その結果、開幕から好調に滑り出し、セ・パ交流戦前までの成績は25勝25敗3分け。 金本新監督のスローガン通りの新鮮な采配に大きな期待が集まった。だが、交流戦を7勝11敗と負け越すと、その後は完全に失速して、一時は15年ぶりに最下位に転落する。最終的には64勝76敗3分で勝率は0.457の4位。ペナントレース優勝どころかクライマックスシリーズへの進出も果たせなかった。日本シリーズは、日本ハムVSカープで行われ、大谷翔平を擁する日本ハムが日本一に輝いたのは周知の通り。 私なりに分析すれば、タイガースの昨年の成績不振はローテーション投手の不調に尽きる。先発投手が序盤に失点を重ね、試合半ばで勝負が決まってしまうケースが目立った。メッセンジャーはともかく、藤浪、能見、岩田のパフォーマンスが軒並み悪かった。大黒柱のはずの藤浪が7勝11敗では話にならない。プロに復帰し、先発にまわった藤川にも往年の球威は残されてなかった。 唯一の救いは、3年目で開幕ローテーション入りし10勝9敗、防御率2.90の好成績を収めた岩貞の台頭。先発投手の再建、整備が喫緊のチーム課題だと思う。 一方の打撃陣も、ゴメスの不振と鳥谷の精彩なさが際立った。鳥谷はチームリーダーに指名された重圧によるものか、それとも衰えなのか?復調を期待したい。 今年のチームスローガンは“挑む…