アジアを牽引する日本経済の再生

国内経済の長期デフレを克服するために、需給ギャップを縮める短期景気刺激は不可欠です。
未来を創る社会資本や防災施設など、必要不可欠な公共投資も惜しんではなりません。
同時に、これからも日本経済の長期発展は国際市場のあり方に無関係ではいられません。
世界経済の発展極あるアジアや新興国の成長力を取り込むため、国内の規制緩和とともに、
貿易や投資の自由化をめざすEPAやFTAの拡大を加速し、
企業の活力が最大限に発揮できる基盤整備を進めます