Slide background

未来

力強い日本経済の再生

完全雇用状態が実現。国民に実感が届く景気回復を加速させます。

国土と国民の生命を守る安全保障

日米同盟の一層の強化。国際社会と連携して外交努力をつづけ、北朝鮮の 脅威から国民を守り抜きます。

安心して暮らせる社会保障制麿の構築

「人生100年時代」を迎えるにあたり、子ども・子育て支援、医療、介護等の 一層の充実を図り、「全世代型社会保障」を実現します。

生活基盤の再整備

災害対策や老朽インフラ整備等、国土強靭化を進めます。

我が国を担う人材の育成

高等教育の機会均等(無償化)を図るとともに、給付型奨学金や授業料減免 措置を大幅に増やします。

科学技術割造立国の実硯

産学官の一層の連携を推進し、世界で最もイノベーションに適した 国づくりを目指します。

ふるさと東播磨の創生

地方の自立と分権を進めるとともに地方が自主的に取り組む施策を応援し、 住民の皆様とともに「個性豊かな田園文化都市圏」を創生します。

憲法の改正

「国民主権」、「基本的人権の尊重」、「平和主義」の3つの原理を堅持しつつ、 国民の幅広い理解と各党との議舗を深め、自衛隊の明記、教育の無償化・ 充実強化、緊急事態対応などの改正を目指します。

tokai-fabi   実 現 


教育投資に奔走、給付型奨学金制度を実現!

資源に恵まれない我が国にあって、人材が資源そのものです。
学ぶ意欲と能力があるのに、経済的事情で大学等の高等教育の進学を断念せざるを得ない子供たちに、与党のプロジェクトリーダーとして、返済不要の奨学金制度の法制化を実現しました。
更には、幼児教育の全面無償化と高等教育の機会均等(無償化)、給付型奨学金の大幅な拡充を政権公約に盛り込み、国を挙げての“人づくり”教育投資に奔走中です。

ふるさと創生を牽引…播磨臨海地域道路の旱期実現へ!

「はりまの成長なくして日本の成長なし」と言われるほど、ふるさと播磨は我が国屈指の
産業集積地です。しかしながら、東西を貫く道路事情は交通容量が不足し全国でワースト3!この播磨臨海地域道路は、「生産性革命」に大きく寄与する道路です。超党派の国会議員で 構成する議員連盟の会長として、早期実現にむけた活動を牽引しています。

tokai-fabi


無信不立

14日都内のホテルで開かれた自民党両院議員総会、静寂を破るかのように野田毅総裁選挙管理委員長の声が響いた。「投票結果を申し上げます。石破茂君68票、菅義偉君377票、岸田文雄君89票。よって菅義偉君を当選者と決定いたしました」。 安倍晋三総理の突然の辞任表明を受けた自民党総裁選は、ひと月前まではダークホースであった菅氏の圧勝で終わった。政界は“一寸先は闇”と言うが、まさにその通りだ。   今回の総裁選は、「緊急時」であることを理由に全国一斉の党員投票が見送られ、国会議員票393票と47都道府県連代表に各3票を割り当てた地方票141票、合計534票で争われた。投票結果の内訳は、議員票で菅候補288票、岸田候補79票、石破候補26票。地方票では、菅候補89票、岸田候補10票、石破候補42票で前述の結果となった。   この戦いに臨み、私は2年前と同じく当選同期で長年の友人でもある石破候補の推薦人を引き受けた。私にとってこれまでの総裁選で最も力を注いだ戦いだったが、残念な結果に終わったと言わざるを得ない。 報道されていたように、今回の総裁選は始まる前から勝負がついていた感はあるが、結果の得票数は思っていた以上に厳しいものであった。特に議員票が26票に止まったことをどのように受け止めるか、少し時間をおいて冷静に分析し総括しなければならない。   数年にわたり安倍後継の本命と言われ続けてきた岸田氏があえなく主要派閥から見放され、世論調査で“次の総理にふさわしい人”のトップを走り続けてきた石破氏も地方票を伸ばせなかった理由はどこにあるのか? その一因は、安倍前総理への「お疲れ様」の感謝の意が、共に政権を運営し、「安倍政治の継承」を前面に打ち出した菅候補の応援に回ったことなのだろうか?   それにしても辞任発表直後に、危険水域に迫っていた内閣支持率が20%近くも急上昇したのには驚かされた。病気退陣に対する判官びいきに加え、7年8ケ月の長期にわたる政権運営の効果、外交面での活躍、株価浮揚といったプラス面の成果が短期的な不信感を吹き飛ばした様相だ。   このような世論の流れと、次の次まで睨んだ派閥の思惑が相まって菅候補への加勢が急拡大していったのではないだろうか。 事実、8月末の世論調査まで石破候補がトップであったのが、二階派を皮切りに各派閥が雪崩を打って菅候補支持を決定したのと前後し、9月上旬には菅候補が首位を奪い、引き離していった形だ。   総裁選をめぐっては「天の声にも変な声がたまにはあるな」という名台詞があるが、今回 の結果も、単純には説明しがたいものがある。いわゆる「天の時・地の利・人の和」の総力が菅候補を総裁に導いたということか…。   16日に菅義偉氏は両院で首班指名され、正式に新内閣が発足した。総裁選の勢いがそのまま続いているようで、発足時支持率は歴代3位と高く順調なスタートを切った。   新総理のキャッチフレーズは「仕事する内閣」。また「当たり前でない、いろいろなことがある」と力説して、縦割り行政の排し、既得権益や前例主義を排除する規制改革を強力に進めると言及した。早速、各閣僚に対して行政機構のDX(デジタルトランスフォーメーション)司令塔としてデジタル庁の創設、行政改革目安箱(縦割り110番)やデフレ脱却にむけ最低賃金引上げによる中小企業再編成促進等々、具体的な政策提案を次々に指示した。更には、携帯料金の大幅な値下げや再度の10万円定額給付金など、景気回復に配慮したインパクトあるメッセージも放った。この連休中も閣僚の行動がメディアを賑わしている。   100年に一度の国難の時にあって、今の日本には立ち止まって考える時間的な余裕はない。難局を切り拓く政治のリーダーシップが求められている。菅総理が目指す社会像は「自助・共助・公助、そして絆」という。確かに国民に施しをなすばかりでは、「国民に信頼される政治」は実現できない。 “無信不立”…
衆議院議員 とかい紀三朗 公式サイト