台風19号

過去最大級の勢力を維持し関東地方に上陸した台風19号は、12日から13日にかけて、広い範囲に亘って記録的な暴風や豪雨による甚大な被害をもたらした。 被害の全容はまだ明らかになっていないが報道等によると、17日までに12都県で亡くなった人は78人、行方不明16人を数えている。豪雨により川の堤防「決壊」が確認されたのは7県の68河川、125カ所。うち国が管理する7河川12カ所だ。家屋被害は全国で、全半壊や一部損壊が2,400棟以上、浸水被害も40,000棟以上に及んでいる。このほか、豪雨による土石流やがけ崩れなどの土砂災害も19都県211カ所で発生している。 政府は…